手が震える・・・初めて子供にエピペンを使用

エピペン 食物アレルギー

先日、子供がアナフィラキシーを起こし、エピペンを使用しました。

処方されて4年間、今まではお守り代わりとなっていたエピペン。

いつか何かあった時のために処方されているもの。

子供の命を守るためのもの。

・・・。

・・・・・・。

なのに、実際にエピペンを打つと思うと少し躊躇してしまいました。

 

(本当に、このタイミングで打っていいのか??)

(もしかしたら、内服で落ち着くんじゃ??)

(もう少し待って、もっと症状がひどくなったら打てばいいんじゃない??)

(こんな躊躇して、手遅れになったら??)

 

いろんな考えが頭をぐるぐるしていました。

汗は噴き出し、手は緊張で震えます。

 

そもそも、アレルギーを含む何かを食べたかもわからない。

本当にアナフィラキシーなのかもわからない。

でも、症状はアナフィラキシーに似ている。

 

誤食していなくても、グレード3以上のような症状があったら打った方がいい。

グレード2だとしても、打ったとしても問題ない。

『迷ったら打て!!』

 

今までの、先生に何度も言われてきたこと。

高速で頭の中で繰り返す。

あきらかなぜん鳴。

強いせき込み。

症状は呼吸器官に集中している。

これ以上、進むのは危ない。

 

頭の中でそう結論づいた時、エピペンを打つ覚悟ができました。

子供の上にまたがり、足の上に座り、足を動かないようにし、右手でエピペンを持つ。

左手でキャップを外し、子供の太ももの外側にエピペンを90度にあてる。

「1.2.3で打つよ」と声をかけ、エピペンを押し当てる。

カチッとなったら「1.2.3.4.5」ゆっくり数え、注射したところを10秒程もむ。

容器にエピペンを戻す。

 

5分くらいして、救急車が学校に到着。

エピペンを打ったら、救急車。

エピペンを打っても、また症状がぶりかえすことがあるから。

 

ですが。。。。

正直、エピペンを打ち5分。

症状が落ち着いてきていた子供。

救急車にのるのが申し訳ないという気持ちでした。。。

 

結果として、その先の病院で私の処置も、救急車をよんだことも正解だと言われましたが、

原因がはっきりとわからないうえでの、アフナフィラキシー。

本当に怖いです・・・

そして、学校といういつも私が見れる場所にいないということ。

こんなにも小学校生活が不安なものとは・・・。

 

ただ今回のことで一つだけ言えること。

日ごろから、エピペンの練習、どのタイミングでうつかの症状の確認、打った後の行動を何度も何度も反芻しておくこと。

エピペンを打つなんて、半端じゃない緊張です。

子供も嫌がります。

そんな時だからこそ、日ごろから何度も練習しておくこと。

この重要性をとても認識しました。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました