子どものお弁当箱にサーモスステンレスランチジャーを選んだ理由

食物アレルギー 代替給食用保温弁当箱 アレっ子の小学校給食

子ども向け 小さめランチジャー

小学生になる息子と娘、食物アレルギーがあるので毎日お弁当を持参しています。

その子ども達が使用しているのが、サーモスのステンレスランチジャー。

 

子どもでも食べきれる小さめサイズが嬉しい保温弁当箱です。

スポンサーリンク

保温にも保冷にも使える!

冬に温かいお弁当を持たせたい!という理由で保温弁当箱を選ぶ方も多いかと思います。

 

ですが、こちらのサーモスランチジャーは保温だけでなく、保冷弁当箱としても使用できるため、夏の食欲のないときに、冷たい麺類などを持って行くことも可能です。

 

自分でも保温力の確認のために朝7時につめて12時半に食べてみましたが、スープは熱々を入れて、ちょうど飲みやすいぐらい、ご飯もホカホカでした。

 

子ども達は、給食の代替弁当として使用しているので、夏も保温弁当として使用しています。

≪子供のランチジャー≫夏でも使える?アレルギーっ子の保温弁当問題
本格的な夏が近づいてきました。 そこで心配になるのが、お弁当。 代替給食を持って行っていると、毎日のようにお弁当を持参されているかと思いますが、夏のお弁当箱って悩みますよね。 これだけ暑くなってくると、夏の暑さでお...

ママにも嬉しい食洗機対応&レンジ対応

毎日のことだからこそ重要になってくる食器洗い。

私がサーモスのランチジャーを選んだもう一つの理由は、この食洗機対応という点。

 

容器そのものが魔法瓶タイプのものは食洗機対応じゃないものが多いなか、こちらの容器は、プラスチック。

外の保温容器以外は、箸も箸ケースもすべて食洗機で丸洗いができます。

専用バックも丸洗いが可能なので、汚れても安心なのも嬉しいポイント。

 

また、フタと外側の容器(保温容器)以外はレンジ対応になっています。

 

ご飯なども炊きたてより少し冷めてしまったなと思ったら、レンジで温めてから入れるとよりホカホカごはんを食べることができます。

持ち運びに重要な重さ

小学校低学年の子供たち。

お弁当箱の重さはとても重要になってきます。

 

そんな中でサーモスのランチジャーJBC-801は全てそろっても約600g

購入する際に、他のランチジャーとも比較しましたが、保温弁当箱の中では、このJBC-801が圧倒的に軽かった!!

 

容器だけで600gなので、さらにご飯とスープ、おかずを入れればもちろん重くなってしまいますが、温かいご飯とスープを持って行くためにはしょうがないと割り切ってこちらを持たせてます。

 

下の娘は大きなランドセルにしたので、ランドセルの中にすっぽり入ります。

手で持つよりは背負える方が負担が少ないですし、両手が空くので登下校も安心です。

気になる容量は、

●おかず容器 0.22l

●ごはん容器 0.27l

●スープ容器 0.2l

という子どもにもピッタリの小さめサイズ。

 

大きさは、専用バックを含まずにこのサイズ。

本体寸法が 13(幅)×11.5(奥行)×17.5(高さ)

同じようなタイプで、サーモスランチジャーと最後まで購入を悩んだのがランタスのランチジャー。

ランタスのランチジャーも食選機対応で、大きさや容量もサーモスとほぼ同じくらい。

デザインが可愛いんですよね。

お財布に優しいのも魅力で、最後まで比較検討していた商品。

選んだ理由は、パッキンなど交換部品の購入しやすさ

最後まで悩んだランタスのランチジャーと、サーモスのランチジャー。

 

最終的に購入の決め手になったのは、

パッキンやその他の交換部品の購入のしやすさです。

 

パッキンやその他の部品は、長く使っているとどうしても交換が必要になってきます。

洗った時に、小さいパーツなどを無くしてしまうなんてことも。

 

そんな時に、その場ですぐに購入できるというのがサーモスランチジャーの魅力

ネットで注文できるので、指先一つで簡単に交換部品が家に届きます。

 

購入した店舗(販売店)でも注文したら買えるのですが、お店の方とお話するのが苦手な私にとっては、ネットで購入できるという点はかなり重要です。

 

メール便なども使用できるので、お財布にも優しく交換部品を購入できます。

もちろん、サーモスさんのオンラインショップからも購入できます。

サーモス オンラインショップ

 

カレーもミートソースも色移りなし

給食代替で毎日使うものなので、色移りだけは避けたいな・・・と思っていましたが、カレーでもミートソースでも、どちらを持って行っても色が移るということはなかったです。

 

もし、どうしても色移りが気になるという場合も、容器やパッキンは漂白剤OKになっているので万が一の時も安心です。

サーモスランチジャーの問題点は?

サーモス ステンレスランチジャー パッキン

このランチジャー、唯一のマイナス点は、

スープ容器のパッキンでした。

 

購入前のネットの口コミでも確認していたのですが、スープのパッキンが少しつけにくく、しっかりとはめこまないと外れやすくなってしまう点。

 

洗った後にうまくはめこめずに、スープがもれてしまったことが1年で2度ありました。

 

どちらの場合も、容器を入れている外側の本体の中に漏れていた程度なので、よっぽど教科書がスープでぐちゃぐちゃというような大惨事になるようなことはなさそうです。

 

もちろん小学1年生の男の子ですから、横にしたり、振り回した可能性もありますが、どちらの場合も蓋を開けたらパッキンがとれていたようです。

 

上手にパッキンがはまらないと、スープが漏れてしまう恐れもあるので、きちんとつけないといけないのですが、なぜか何度やっても上手にはまらない日が・・・。

 

ただ、このパッキン、息子のものはとれやすいのですが、一年後に買った娘のコーラルピンクのランチジャーのパッキンは外れにくいんです。

 

もしかしたら改良されたために外れにくくなったのなら、嬉しい限りです。

最後に

保温弁当箱の選び方で後悔しないために大事なことは、自分にとって譲れない点を決めること。

 

私は子ども達に、給食と同じように温かいスープと温かいご飯を食べさせたかった。

そのために、重さは割り切りました(もちろん極力軽いものを探しましたが)

 

温かいスープだけでいいという場合は、スープジャーを。

温かいご飯だけでいいという場合は、ご飯コンテナーをオススメします。

軽いお弁当箱がいいという場合は、普通のお弁当箱をオススメします。

全部のメリットが自分のどうしても譲れない点をリストアップして弁当箱を選ぶと購入した時に、満足度が違うのではないかなと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました