アレルギー給食の除去対応は市町村で違う!小学校入学前に確認したい5つのこと。

食物アレルギー 小学校入学前に 除去対応や給食は? アレっ子の小学校給食

食物アレルギー 小学校入学前に 除去対応や給食は?

子ども達に食物アレルギーがあると気になるのが給食です。

 

幼稚園や保育園ではお弁当を持参したり、除去食を用意してもらったりと、それぞれの通う園によってい対応が違いました。

 

しかし、小学校からは市内全域が同じ給食。

個別の対応は難しくなることも。

 

小学校前に、食物アレルギーが改善することが一番ですが、もしも難しい状況であれば、早めに入学予定の市の給食の除去食対応を確認してみてください。

スポンサーリンク

除去が可能な食品は何か?代替給食はあるのか?

 

食物アレルギーのお子さんがいらっしゃるご家庭では、すでに確認されている方も多いかもしれませんが、小学校のアレルギー給食の対応については、早めに確認しておいたほうがよいかと思います。

 

学校給食はどこの自治体もまるっきり同じ対応を行っているわけではありません。

 

卵と乳製品を除去した給食を提供している自治体もあれば、アレルギー27品目を除去して提供してくれる自治体もあります。

 

また、除去により著しく栄養が不足している場合は、除去食ではなく代替食を提供している自治体もあります。

 

たとえば私の住む市では、卵のみの除去食対応をしていますが、隣の市では卵と乳製品の除去食を提供していますし、もう一つの市では、卵の除去ができるのは、作業工程の最後に入れる場合のみ(かきたま汁など)というように、県内でも対応が全く異なります。

 

もしも、お子さんの小学校入学を前にして、家を建てたり、引っ越しなどを考えている場合は、まず先に引っ越し先の給食対応も確認してみてください。

 

引っ越しをした後に、実は給食の除去が対応していなかった市町村だと判明したら・・・

 

その市に引っ越しをしたために、お子さんは給食が食べられず、たくさんの代替食を持って行く必要が出てくるかもしれません。

除去できないものはどう対応するのか?

卵や乳製品などの除去に対応している自治体であっても、すべてのアレルゲンを除去となると難しいのが現実です。

 

ゴマや大豆、エビなどにアレルギーがある場合、これらの除去に全て対応してもらえるとは限りません。

 

そのため除去不可能な食品にアレルギーがある場合は、多くの場合は家から代替食を持参することになります。

 

また、オレンジやパイナップルなど果物にアレルギーがある場合や小袋で出たナッツ類など、それだけを配膳せずに、家からの代替食も持参しないという場合もあります。(無配膳対応)

 

除去できないものに関しての対応は、各自治体対応になるのか、それぞれの小学校での対応になるのかということも確認しておく必要があります。

給食の配膳方法や給食当番はどうするのか?

こちらも各小学校になって異なるかと思いますが、給食の配膳方法や後片付け、給食当番についても確認しておきましょう。

 

アレルギーの除去対応している給食などは、通常の食缶とは別の食缶に入れて給食センターから配送されることもあります。

 

この際に、給食センターから配送された食缶を方法や、食缶を教室まで持ってくるのは誰なのか?ということまで確認しておくと安心です。

 

給食当番についても、配膳はパンやご飯のみにしたり、アレルゲンが含まれるメニューは配膳をしないなどと事前に学校と決めておく必要があります。

 

ただ、この給食当番などは、学校により、入学して担任の先生が決まってからとなる場合もあるかと思いますので、そんなに早い段階で考える必要はないかと思います。

弁当持参・保管方法は

弁当を持参する場合、その弁当の内容についても各小学校に確認しておくと安心です。

 

在校生で食物アレルギーのある生徒さんが、どういった対応をされているのかと聞いてみるのもいいかもしれません。

 

子どもの小学校では、生徒さんの対応は様々でした。

・食べられないものがある日だけ、そのメニューの代替のみ持ってくる

・完全弁当で、給食とは全く異なるメニューのお好み弁当

・完全弁当で、給食と同じようなメニューを代替弁当

・食べられないものが一つでもある日は、すべて弁当に切り替え

 

各学校で対応は違うかと思いますが、不安であれば確認するのが一番です。

 

また、この時に保管方法についても確認してみてください。

 

学校によって全く異なると思います。

 

子ども達の学校は、自分達の教室で保管ですが、学校によっては職員室の冷蔵庫に保管して下さるところもあるようですし、冷凍の物だけは冷凍庫に保管ができる学校もあるそうです。

 

また、親が弁当を届けてもOKかどうかも聞いておくといいかと思います。

 

暑さで腐敗が心配なメニューや、ラーメンなど伸びる食材など、昼前に届けることができるかどうか聞いておくと、入学してから悩みませんよ。

 

ちなみに、我が家は夏でもランチジャーを持って行ってます。

≪子供のランチジャー≫夏でも使える?アレルギーっ子の保温弁当問題
本格的な夏が近づいてきました。 そこで心配になるのが、お弁当。 代替給食を持って行っていると、毎日のようにお弁当を持参されているかと思いますが、夏のお弁当箱って悩みますよね。 これだけ暑くなってくると、夏の暑さでお...

給食費について

最後に気になる給食費について。

これも自治体によってさまざまです。

 

牛乳だけ停止できて、牛乳代だけは払わなくてもOKという自治体もあれば、一ヶ月のうち、一品でも何か食べられるものがあれば(主食だけ可など)全額支払う必要がある自治体もあります。

 

なので、たとえば

牛乳・・・×(持参)

カレー・・・×(持参)

ごはん・・・○(給食)

サラダ・・・×(持参)

デザート・・・×(持参)

という場合も、給食費全額払う必要があったりします。

 

食物アレルギーっ子の家は、それでなくても代替食品などで食費がかさんでいたりするので、ここはなんとかならないかなぁ・・・と思ってしまうこともあります。

 

ですが、除去食や代替食を作るために人件費やら材料費も別途かかっているということも充分理解していますので・・・。

 

自治体によっては、すべての給食を食べない日は(牛乳も含む)、1食分を返金するというところもありますので、お住まいの市町村で確認してみてくださいね。

最後に

小学校入学前に、食べられる食品が一つでも増えていて欲しい。

親なら誰だってそうだと思います。

 

子ども達がまだ1、2歳だった頃、病院の先生に次のように言われました。

 

「食物アレルギーは、3歳までにだいたい50%の子は食べられるようになる。

3歳までに食べられなくても、90%の子は小学校入学までに食べられるようになる。

でも、残り10%の子は、小学校に入っても食べられない可能性もある。」

 

うちの子ども達は、残念ながら二人とも小学校入学前までに食べられるようにはなりませんでした。

一日でも早くアレルギーが治ることが一番の願いですが、小学校が近づいていろいろと後悔するよりも、少しでも先のことを考えておくと、不安な気持ちが少し軽くなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました