痛みはある日突然に…

脚の痛み

久しぶりの更新です。

最近は、娘の小麦の自宅負荷も進み、割と大きな事件などもなく過ごしていたのですが、一ヶ月程前に、突然足に痛みが出て、その痛みにより、まともに歩けないようになりました。

この出来事は子供のことではなく、私、りんご(30代子持ち主婦)に起こったことです。

痛みが減ってきた今のうちに、残しておかなければ…と思い記録用に残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

始まりは筋肉痛のような太ももの痛み

はじまりは、脚の筋肉痛のような痛みからでした。

数年前から、少し走ったり、たくさん歩いたりした時に太ももの前面や太ももの斜め横に筋肉痛があったので、また何か変な運動でもしたのかなぁと思っていると、その後突然、右脚の股関節の強い痛みを感じ階段がのぼれなくなりました。

ズキンというか、ピキンという刺すような痛み。

なんだろう?と思いながらも左脚や上半身を使いなんとか階段の上り下りをしていました。

その2日後くらいに、上半身や下半身、腰、膝と身体のいたるところが痛くて動かせないようになりました。

立っていても座っていても横になってもとれない痛み。

夜に眠りたくても痛みで眠れず、ようやく眠ったと思っても痛みで起きる日々が数日続きました。

ズキンズキンと痛む脚。

上半身や指の痛み。

腰の痛み。

もうどこが痛いのかわからないのに、痛み止めも効かず、痛みで眠れない日々。

ですが、ちょうどクリスマスや子供達が冬休みに入ったこともあり、少し休めばきっとよくなると思い、食事の用意や洗濯以外は、ほぼ寝たきりで数日過ごしていました。

そうして、病院にも行かず無理して過ごしていた結果、正月前にはまともに立ってうごくのもきつい状態になっていました。

脚を前に一歩出すことさえも痛みが伴い、半歩ずつ恐る恐る歩く状態。

お風呂やトイレなども日常的なことでさえ、痛みで声をあげるほどに。

大晦日は義理の両親がくるため、痛みき耐えながら夕食の準備をしていました。

久しぶりに連続で2時間ほど立つと、今度は膝の裏がピンとはったような状態になり、痛みで膝の曲げ伸ばしができないようになりました。

しゃがむこともできず、座ることも痛みを伴う。

横になっても痛いのは続く。

でもどこも病院は正月休み。

(これは、救急に行くほどのことなんだろうか?)

(自分は人より痛いと言い過ぎているだけなんじゃないんだろうか?)

(日にちがたったら治るんじゃないだろうか?)

そんなことを自問自答しながら、痛みをこらえて正月を過ごしました。

痛みが少しだけひいたチャンスを見計らい病院へ

痛みはじめから10日くらいたった時、下半身の痛みはありつつも、上半身や腰の痛みが減ってきており、かろうじて車が運転できると思い、正月が明けの月曜日、病院にすぐさま飛び込みました。

タイトルとURLをコピーしました